【バリ島で日本の携帯電話を使う方法】WiFi、SIMカード事情

【バリ島で日本の携帯電話を使う方法】WiFi、SIMカード事情

バリ島の携帯電話や、現地のWiFiやSIMカード事情について

バリ島では、ほとんどのホテルやレストラン、コンビニなどでも フリーWiFi を提供しています。

フリーWiFiについては、日本よりもバリ島の方が普及しているので、外国から来る旅行者にとっては、とても有難いサービスです。

日本の携帯は、海外で簡単に使用出来るような SIMフリー のサービスはまだまだ主流ではありませんので、旅行で来た方も多いにフリーWiFiを活用するべきだと思います!

今や、生活するのに手放せない携帯電話ですが、バリ島旅行中にインターネットが繋がらない・・・ なんて心配はご無用!

仕事や緊急時に備え携帯が手放せない人、現地からSNSの更新をしたい人、日本の家族や友人と連絡を取りたい人など、是非参考にして下さい。

① 携帯がSIMフリー対応していない場合:バリ島内のフリーWIFIを利用しよう

バリ島内のほとんどのホテルやレストランでフリーWiFiを提供しています。

更に、バリ島のコンビニ前には、イスやテーブルが置かれていて、ちょっとしたカフェのようにフリーWiFiを使うことが出来ます。

コンビニでジュースの1本でも買って、会計の際にWiFiのパスワードを聞きましょう。

ご注意
たまにシステムダウンなどの影響で、フリーWiFiが使えない場合があるので、WIFI目的でレストランやコンビニを利用する際には、事前にスタッフに確認した方が良いかもしれません。

ポケットWiFiのレンタルをする利点

滞在先のホテルやレストランだけでなく、もっと日常的にインターネットを使いたい方は、やはり日本から ポケットWiFi をレンタルしてきた方が良いでしょう。

日本の空港で受け取り・返却が可能なので便利です!

☜ やっぱりオススメ!イモトのWiFiをチェック

② 携帯がSIMフリー対応している場合:バリ島に着いてからSIMカードを購入しよう (購入方法)

お持ちの携帯電話がSIMフリー対応している場合は、海外のどこに居ても日本の携帯電話がそのまま使用出来ます。

ただし、その国で使用出来る、SIMカード を現地で購入しなくてはいけません。

SIMカードの購入は、バリ島内のあちこちにある携帯屋さんや商店、コンビニなどでも購入が可能。

新規のSIMカードは、15,000~30,000ルピア (約130~270円) 程度で、インターネットがそのまま使えるカードだと、2ギガで 50,000ルピア (約 450円) 程度です。

バリ島内での携帯電話料金のシステムや、支払い方法について

バリ島内での携帯電話の料金システムですが、日本のように月々のパケット制ではなく、SIMカード (電話番号) を購入し、プリペイド式に料金を加算 していく方法です。

バリ島内ではその料金のことを、プルサ (Pulsa) と言います。

ちなみに、家の電気代などもプルサ式が多く、日本のように自宅に請求書が届くようなことは一切ありません。

新規のSIMカードを購入した後は、使用する分だけのインターネット用のプルサも購入しなくてはいけません。

私の場合は、1ヶ月に6ギガ程度のインターネットを使用しますが、大体 100,000ルピア (約 850円) 程 が毎月のプルサ代金になります。

私はXLを愛用していますが、ご利用になるキャリアメーカーやパッケージで、料金は変動します。

※バリ島旅行者も在住者も必読!電話番号の登録義務

注意①
2018年より、個人情報の管理の為、新規でSIMカードを購入する際に、身分証の提示が義務付けられています。

SIMカードのキャリアメーカーによっては、短期滞在の観光客に販売しない場合もあり、万が一購入が出来ない場合には、ホテルのスタッフや現地のガイドなどにお願いして、代わりに購入してもらうと良いと思います。

注意➁
在住者や長期滞在者も要注意ですが、プリペイド式のSIMカードについて、電話番号を登録 することが義務になりました。

2018年4月以降、今まで使っていた番号が突然使えなくなることがありますが、パスポートを持ってキャリアメーカーの窓口に行けば、誰でも簡単に番号登録と再利用が可能となります。

バリ島長期滞在者やリピーターは、ポケットWiFiを現地で購入した方がお得!

日本からポケットWiFiをレンタルするのも良いですが、長期滞在者やリピーターなら、バリ島内で使用出来るポケットWiFiを購入してしまうのもオススメです。

バリ島内で販売しているポケットWiFiの本体は、大体400,000~600,000ルピア (約 3,500~5,000円) で購入出来ます。 メーカーによって料金は様々。

WIFI本体を持っていれば、プルサ料金を加算するだけでいつでも利用が可能となります。

リピーターで、1年に何度もバリ島に来る方や長期滞在者は、買ってしまった方がお得に済むかもしれません。

しかも、要らなくなったら中古品として買い取ってくれる場合もあります。

バリ島での携帯電話に関するトラブルや、盗難被害にご注意

バリ島滞在中の日本への通話やメールの送受信は高額になります。

バリ島滞在中は 機内モード にして、インターネット利用のみにされることをオススメします。

また、インドネシア国内で、頻繁に電話やメールで連絡を取るような人が居る場合は、プリペイド式の携帯電話をレンタル 又は 購入するのも良いかもしれません。

インターネットは使えませんが、通話料やメール代金 (ショートメール) がとても安く済みます!

購入する場合は、200,000~300,000ルピア程 (約 1,700~2,700円) / 1台 です。 ※ 日本語対応はありません。

I-phoneやその他の携帯電話も同様ですが、バリ島ではとても高価な物です。

安易に目の付く場所やホテルに置きっぱなしにしないように、充分お気を付けください。

世界中のどこでも発生しているスリや盗難の被害ですが、バリ島内ではお財布よりも携帯電話の方が被害が多いです。

繁華街での夜遊び中は、特に要注意ですよ!

参考記事 バリ島旅行の前に治安情報。盗難に特に注意 (最新版)