バリ島旅行中の注意事項 (盗難・タクシー・両替・病気など)

バリ島旅行中の注意事項【盗難・タクシー・お金・病気など】まとめ

バリ島旅行中、気を付けて欲しい注意事項【まとめ】

私はこれまでに、数十ヶ国を旅しましたが、やはりどこの国でも思うのは、自分の身は自分で守らなくてはいけない ということ。

バリ島に移住して、早6年になりましたが、ここでの生活に慣れてきたとはいえ、事故や盗難、健康管理などには常に気を付けています。

日本からバリ島に旅行で訪れた際、環境の変化で体調を崩したり、盗難や事故などの被害に遭わないよう、自己管理をしっかりと行いましょう✊

バリ島は1年を通して温暖な気候で、南国リゾートの雰囲気もあり、ついつい開放的になりすぎてしまいます。

正直に言って、日本人は少し平和ボケしている所があるし、大袈裟かもしれませんが、日本の常識は世界の常識ではない ということを、頭の片隅に置いておくと良いと思います。

だからと言って、バリ島は危険な場所ではありません!

日本でも起こり得る盗難事件や病気など、少しの心構えで防げることがあると思います。

バリ島旅行を楽しい思い出にする為にも、滞在中に気を付けて欲しい注意事項をまとめましたので、是非参考にして頂けると嬉しいです☺

注意事項 その1.~盗難被害を防ぐ方法~ (持ち物)

① 携帯電話 (スマホ)

バリ島の盗難被害で最も多発しているのは、携帯電話 (スマホ) のスリです。

i-phoneやスマートフォンは、海外では高額で売買されています。 食事中など、さりげなくテーブルの上に置きっぱなしにしていませんか?

目に付く場所での放置や、ポケットに入れて持ち歩くのはオススメ致しません。

1 ポイント
万が一盗難の被害に遭った場合は、警察署に届けましょう。
費用が 100,000ルピア (約 850円) かかりますが、被害届のレターを発行してくれます。
海外保険に加入している場合は、日本に帰国してから保証してもらえる場合があります。

➁ カバンやリュック

南国の雰囲気にピッタリなカゴバッグなど、可愛いですが持ち歩くのは要注意。

口が大きく開き、チャックの付いていないカバンは、中身が簡単に覗けてしまいます。

また混雑した場所では、リュックは前向きの使用を心掛けましょう。 斜め掛けバッグも同様ですが、知らない間にチャックが開けられていた・・・という経験が私もあります。

➂ パスポートの保管

バリ島滞在中、パスポートが必要になることは滅多にありませんので、ホテルのセキュリティーBOXに保管 しましょう。

万が一、外出時に盗難などに遭いパスポートを失くしてしまうと、領事館などで手続きがとても大変です。

ただし、両替所や免税店で買い物をする時は、パスポートの提示が必要となりますので、バリ島旅行用に パスポートコピー を1枚用意しておくと良いかもしれません。

注意事項 その2.~甘い誘惑に負けるな~ (勧誘・ナンパ・ドラッグ)

繁華街や賑やかなビーチなどで、気軽に声を掛けてくる人が多いですが、中には、偽ガイドやアンケートを装った詐欺師などが居る場合があります。

見知らぬ人にはついて行かない、見知らぬ人の車には乗らない、よく分からないアンケートには安易に記入をしない! これは鉄則です!

人から頼まれた荷物を預かったり、日本に持ち帰ったりなども絶対にやめましょう。

また、インドネシアは、麻薬などのドラッグは違法です。

売買の話しを持ちかけられた際は、無視しましょう。 また、安易に道に落ちているものを拾わないように。

注意事項 その3.~体調管理に気を付けよう~ (日焼け・食べ物)

バリ島は赤道直下に位置している為、紫外線は日本の5倍 と言われています。

ビーチなどに長時間居る場合は、ヒドイ日焼けや熱中症になる恐れがあります。 外出時は、日焼けや熱中症予防の対策を行いましょう🌞

また、バリ島内の水道水は飲まないように。

辛い食べ物や屋台なども、慣れていない人はお腹を壊す場合がありますので、心配な人は程々にしておいた方が良いでしょう。

1 ポイントアドバイス
バリ島内には、海外保険の他に、日本の健康保険が適用になる病院があります。
(例) たけのこクリニック、BIMC、シロアム など。

注意事項 その4.~交通事故やトラブルの予防~ (タクシー・バイク)

➀ タクシー

バリ島内でタクシーを利用する場合は、GPSを搭載した ブルーバードタクシー が安心です。

ただし、昼間の乗車時はメーターを使用してくれますが、夜間はどのタクシーもメーターを使ってくれないことが多く、運転手と直接値段交渉をしなくてはならない場合があります。

また、白タク と呼ばれる個人のタクシーは、トラブルが多いので乗車されないことをオススメします。

1日観光などをする場合は、車チャーター がお得です。

➁ 交通事故の防止、バイクの運転

バリ島は、車よりもバイクの数が圧倒的に多く、場所や時間帯によっては交通量も激しくなります。 道路を横断する際は、再三の注意を心掛けて下さい🏍

また、無免許でバイクや車を運転するのは法律違反ですので、厳重に罰則されます。

ここ最近は、賄賂などで免れないケースもあり、万が一捕まった場合は、警察署に出向いたり裁判沙汰になったりと、罰則が厳しくなっています。

1 ポイント
日本で発行した国際免許は、厳密にはインドネシアでは適用しません。
ただし、観光客の多いバリ島では、稀に見逃してくれることがあるので、持っていないよりも持っていた方が、少しは安心かもしれません。

注意事項 その5.~買い物で損をしないように~ (お金・値段交渉)

➀ 値切り交渉

路面店のお土産屋さんや市場などで、値段表記の付いていないものは、購入時に値段交渉を試してみた方がいいでしょう。

売る側も商売とは言え、かなり高額な料金を提示してくることがあります。

また、品物に不備がないかなど、よく確認しましょう。

➁ ルピア紙幣の取り扱い

バリ島で使用するルピア紙幣は、日本に比べて桁が多く、慣れるまでは少し戸惑ってしまうかもしれません。

簡単な計算方法としては、ルピアの数字から「0」を2つ取った数が、大体の日本円 になります。 支払い / お釣りを受け取る際は要注意です。

(例)

5万ルピアの場合: 50,000ルピア ⇒ 約 500円
10万ルピアの場合: 100,000ルピア ⇒ 約 1,000円
65万ルピアの場合: 650,000ルピア ⇒ 約 6,500円

要必読!!! お金「ルピア」の計算方法。値段交渉を成功させる秘訣まで大公開!

注意事項 その6.~郷に入れば郷に従え~ (宗教)

バリ島やインドネシアの人々は、宗教に対して信仰心がとても強いです。 その為、宗教問題でトラブルになる場合がございます。

バリ・ヒンドゥー教やイスラム教の方々にとって、無礼にあたる行為には気を付けましょう。

(例)

  1. 人の頭には触れない (子供の頭も撫でてはいけない)
  2. 左手は不浄の手とされているので、物の受け渡しや握手は必ず右手で行う
  3. 生理中の方は、寺院に入らない
  4. 寺院を訪れる際は、肌の露出を控え、正装を心掛ける ・・・など

いくつかの注意事項を挙げましたが、どれも少しの心構えで防げることばかりです。

私が移住を決めるほど惚れ込んだバリ島は、とても素敵な良い場所です🌴

楽しいアクティビティー、美しい寺院や景色、美味しい料理に贅沢なスパ、地元の人々も親切で、日本語を話す方も大勢いらっしゃいます。

地元の方との交流も楽しく、市場や道端で値切り交渉をして買い物するのも、良い思い出になるでしょう。

日本では味わえないのんびりとした南国リゾートや、活気に満ちた地元雰囲気を、存分に楽しんで頂きたいです♪

万が一の時は、日本大使館や総領事館のホームページも参考にしましょう ⇒ 在インドネシア日本国大使館の公式ホームページ