バリ島旅行は直行便で!ガルーダ航空の燃油サーチャージ額が値上げ

バリ島旅行は直行便で!ガルーダ航空の燃油サーチャージ額が値上げ

現在、日本とバリ島を直行便で繋いでいる飛行機は、ガルーダ・インドネシア航空エアアジア航空 のみです。

日本~バリ島の飛行時間は、約 7時間となります。

ガルーダ航空の場合は、成田 又は 関西発着 が可能ですが、エアアジア航空の直行便は 成田発着のみ となります。 (乗り換え便でバリ島まで行くことも可能です)

今回は、ガルーダ航空からのあまり嬉しくないニュースをお知らせ致します・・・

日本~バリ島間、ガルーダ航空の燃油サーチャージ額が値上がり

2018年2月1日~3月31日の発券分 より、ガルーダ航空便の燃油サーチャージ額の値上がりが決定致しました。

2月以降の燃油サーチャージの料金は、往復で 3,000円の値上がり です!

近日中にガルーダの航空券をご購入予定の方は、1月31日までに発券した方がお得かもしれません。

ただし、燃油サーチャージ額は 2ヶ月毎 に変動致しますので、今後また値下がりする場合もございます。

ガルーダ航空、燃油サーチャージ額の値上がりについて【詳細】

  • 適用期間:2018年2月1日~3月31日発券分
  • 対象航空券:ガルーダ・インドネシア航空
  • 燃油サーチャージ額:日本発着 国際線1区間 ¥6,000 (往復利用の場合は ¥12,000) ☜ これまでより、3,000円の値上げ
詳細はコチラから ☞ ガルーダ航空のホームページ ⇒ https://www.garuda-indonesia.com/jp/ja/special-offers/booking/surcharge/jpn.page

バリ島旅行は直行便で!ガルーダ航空とエアアジア航空の主な違い

この2つの航空便は、人によって評価や好みがハッキリと分かれます。

価格重視で、とにかく安く航空券を買いたい方には、LCC航空の エアアジア がおすすめ!

逆に、価格よりも総合的なサービスを重視する方は、ちょっと料金は高いですが、ガルーダ航空 がオススメです!

私はどちらも利用したことがありますが、個人的にはガルーダ航空の方が好きです。

なぜなら・・・

  1. ガルーダ航空は、エコノミー席でも比較的ゆったり座れる
  2. 座席に専用モニターが付いていて、映画が見放題&音楽も聞き放題
  3. 機内食が無料 (2回も)
  4. アルコールを含む飲み物が無料 (何度でも)
  5. 預け荷物が、1人につき46kgまで無料 (スポーツ用品も!)
  6. LCCの格安航空機に比べて、やはり安心感がある

・・・だったのですが。

今回の燃油サーチャージの値上げもそうだし、今年に入ってから急に航空券の料金が上がったので、手軽に買える料金ではなくなりました。 (涙)

去年までは、バリ島発着の格安チケットを販売していたのですが、今年はその販売を中止しているようで、ホームページを見ても買うことが出来ません。

その為、バリ島発で日本へ行く場合、往復で2万円ほど料金が高くなってしまいます・・・😢

バリ島旅行は「ガルーダ派」から「エアアジア派」に移行・・・?!

最近のバリ島は、去年のアグン山噴火の影響で観光客が少ないので、飛行機も稼働率が悪く、ガルーダ航空は単価を上げるしか方法がないのでしょうか?

その点、エアアジアは、現在も以前と同じ破格の料金で提供しています。

これまでは「ガルーダ派」だった方も、この機会に一度エアアジアを試してみるのも良いかと思います。

ちょっと裏技! エアアジア航空には、フラットシート という、足を伸ばしてゆったりと寛げる席があります。
このフラットシートは、ガルーダ航空のエコノミー料金と大差がありません。
エアアジア航空の席の狭さが気になる方は、フラットシートをご利用頂くと良いかもしれません◎!

ガルーダ航空のプロモーション料金が、どうかまた再販しますように・・・。

それから、エアアジアの関西便も就航しますように・・・。

エアアジアのホームページをチェック ☞ 最安値は、成田発-バリ島行き 往復32,000円~