バリ島の暮らし・生活・滞在者向け

バリ島移住者のリアルな暮らし【一般家庭のトイレ&お風呂事情】

世界で1番トイレの技術が発達している日本でも、凄~~~く田舎の方に行ったら、まだボットン便所や、五右衛門風呂で生活しているご家庭があるのでしょうか?

世界のどこでも、暮らしのレベルや快適度は人それぞれですが、今回は、バリ島の一般家庭にある トイレ & お風呂事情 についてご紹介したいと思います!

ちなみに私は、バリ島に移住した当初から5年間は、水シャワーで生活していました🚿

郷に入れば郷に従え・・・ 慣れって怖いです。(苦笑)

観光リゾート地のバリ島ですが、一般人の暮らしって?移住希望者も要チェック!

十数年前のバリ島を知っている方は、ここ数年のバリ島の変化に驚かれるかもしれませんが、今ではすっかり立派な観光リゾート地になってきています🌴

綺麗で立派なホテルが建ち並び、お洒落なレストランやショッピングモールも続々オープンしています。

スミニャックやチャングー地区は、まさに最近の バリ島リゾート の象徴で、スタイリッシュな外国人サーファーが多く滞在しています。

大人気のフィンズ ビーチクラブ
ラプランチャ ビーチカフェ

 

リゾート観光地として進化していく一方、やはりバリ島全体の物価も上がっている印象です。

・・・でも、現地の人々の暮らしは変わりません。

バリ島内の観光地や道路が綺麗に整備されていく中、現地の方々の住まいや暮らしはどうなっているかというと、昔とそれほど変わっていません。

実際にバリ島に移住した私もそうですが、6年間の暮らしの中で、生活自体には特に変化はありません。

高級でお洒落なレストランもあるけれど、昔ながらのローカルワルンや屋台も沢山残っています。

バリ島に移住して驚いた、一般家庭のトイレやお風呂について

バリ島の宿泊施設は、1泊1000円程の安宿~数万円のリゾートホテルやヴィラなど様々。

どんなに安い宿でも、最近はトイレやシャワールームは綺麗で、日本と同じように水洗ですが、一般家庭のトイレやお風呂場は、まだまだ昔ながらの造りが多いです。

私が以前住んでいたアパート (バリ島では コス / Kos と呼びます) では、お風呂場に水を溜める小さな浴槽のようなものがあり、そこに水を溜めて、手桶ですくって水を浴びていました。

お湯はガスの取り付けをしなくてはいけない為、大概の家庭ではお湯は出ません。

各家庭では、マンディー と呼ばれる水浴びで、お風呂を済ませます。

お風呂場とトイレは、大体1つのスペースにあります。

トイレは和式や洋式があり水洗ですが、日本と違う所は、まずティッシュが置いてありません。 

それから、水を流すボタンも付いていない 又は 壊れている ことが多いです。 (笑)

用を足した後にどのように流すかというと、マンディーの時と同様、水槽の水を手桶ですくって流します。

 

・・・ティッシュがないけど?!😲

女性に限らず、誰でも大便の場合はティッシュが欲しいと思いますが、バリ島式では「手」を使います。

右手で手桶を持ち、水で流しながら左手で洗うのです。

洗いながら濡れるのが気になる場合は洋服を全部脱げばいいし、慣れれば濡れずに用が足せます。 そして、そのままパンツを履きます。 (笑)

最近は、このような古いタイプのトイレは見かけなくなりましたが、昔ながらの安いワルン (屋台) などでは、たまに見かけます。

ですので、観光でお越しの際には、念の為 ポケットティッシュ をいつも持参されていた方が良いかもしれません。

ひとことメモ
こういった風習が昔からある為、左手は不浄の手 と言われ、左手で握手をしたり人に物を渡すのはご法度とされています。
食事も、左手を使って食べることはNGです。

バリ島式のトイレでは、手動式ウォシュレットの力加減にご注意!

高級リゾートホテルや空港内のトイレ、一般家庭にも大体付いているのですが、トイレの脇に手動のウォシュレットが付いているのです。

バリ島に来て、「何これ?」と思った人も居るのでは・・・?

手に持ち、握ると水が出る仕組みなんですが、この手動ウォシュレットは水圧の調整が難しく、初めて使う方は水圧にビックリすると思います!

最初は、そぉ~っと握って下さい。(笑)

でも、日本でウォシュレットが無いと不便なように、今ではバリ島でもこの手動ウォシュレットはなくてはならない物なのです。

そして古いタイプのトイレは、ティッシュを流すと詰まりの原因となる為、トイレ内にゴミ箱が置かれていることが多いです。

使用済みのティッシュは流さず、ゴミ箱に捨てる ように心がけて下さい。

 

移住した最初こそ、カルチャーショックを受けたトイレやお風呂事情ですが、住めば都と言いますか、今ではバリ島式の水浴びや手動のウォシュレットが普通になってしまいました。

それにしたって、日本のトイレって凄いですよね!!!

自動洗浄に便座の温め、用を足してる最中に音が流れたり、自動で蓋が開閉したり・・・

帰国の度に、技術の進歩に感動しています👏

※ 最後に・・・
上記でご紹介したトイレやお風呂については、あくまでも昔ながらの一般家庭の場合です。
バリ島内のホテルや街中のレストランでは、日本と同じような清潔で綺麗なトイレやバスルームが完備されていますので、ご心配なく!