ヘビ皮に覆われた、バリ島フルーツ「サラック」の美味しい食べ方

ヘビ皮に覆われた、バリ島フルーツ「サラック」の美味しい食べ方

バリ島には、日本ではあまり見かけない、南国特有の果物が沢山あります。

特に、雨季の時期 (11月~4月) は果物や野菜などが実りの時期を迎える為、市場やスーパーなどで安く手に入れることが出来ます!

ホテルによっては、ウェルカムフルーツを用意している所も多く、不思議な見た目をしている果物も多いですが、是非食べてみて欲しいと思います♪

(写真:ブドゥブルの果物市場)

不思議な見た目 と言えば、今回ご紹介する サラック は、日本ではまず見かけたことがないでしょう。

私も大好きなバリ島フルーツの1つなので、美味しい食べ方を伝授致します!

ヘビの皮に覆われた、バリ島フルーツ「サラック」を食べてみよう!

今回ご紹介するのは、サラック です。

バリ島では、最後の「ク」は発音せず、「サラッ」と呼びます。

蛇のような皮に覆われていることから、別名 スネーク・スキン・フルーツ と呼ばれているこの果物は、バリ島では安価で手に入り美味しいので、道端やスーパーでもよく見かけます。

特に美味しい品種は、サラッ グラ パシール というもの♡ ちなみに、グラ パシールとは「砂糖」という意味で、砂糖のように甘いっていう意味なんだそうです!

茶色のイガイガした皮をむくと、中からは白くコロンとした実が出てきます。

美味しい食べ方のポイントとしては、この実には薄い皮が付いているのですが、この 薄皮は必ず取って 食べましょう!

指で擦ると簡単に取れますが、この薄皮が付いたままだと、渋味が強くあまり美味しくありません。

食感はサクサクとしていて、果汁が滴るようなジューシーな果物ではありませんが、ほんのり甘酸っぱくて美味しいです。

実の中には大きな種があるので、食べる際にはご注意下さい!

まだ私は未経験なんですが・・・

このサラッは、一度茹でてから冷まして食べる と、もの凄~~~く甘く、美味しくなるそうなんです。

まだ私も食べたことがないので、近々挑戦してみようと思います!

バリ島フルーツの「サラック」は、どうやって育つ?

サラッは木になるのか、土の中で育つのか、植物の実なのか・・・?

日本では見慣れないフルーツなので検討もつかないと思いますが、どのように実り、育つのか気になりませんか・・・?

調べてみた所、このように木の根っこに固まって育つみたいです!

バリ島の果物「サラック」の美味しい時期は?

収穫時期は、雨季真っ只中の 2月頃 がピークです。

でも、バリ島では年中見かける果物だし、年中食べても美味しいと私は思います!

ホテルの朝食や、ウェルカムフルーツで提供されていることも多いので、是非見つけた方は味わってみて下さい♪

その他、サラッを使った、ドライフルーツやスナック菓子なども売っていますので、お土産にしてみるのも良さそうですね👍