バリ島に移住して6回目の誕生日!バリ島ならではの誕生日の風習とは

バリ島に移住して6回目の誕生日!バリ島ならではの誕生日の風習とは

33歳の誕生日パーティーは、バリ島の人気焼肉レストランで!総勢25名でお祝い♡

私事ながら、先日33歳の誕生日を迎えました。

バリ島で迎えた誕生日は、これで6回目となりました🎂

33歳ってゾロ目で縁起が良いし、今年は友人達と集まって、盛大にパーティーをして頂きました♪

場所は、私の行きつけである、焼肉屋さんの 「天壇」 にて。

参考記事焼肉天壇は、バリ島移住者やサーファーが集う人気店!

バリ島在住の友人達が25名ほど集まってくれて、皆で死ぬほど飲んで、死ぬほど楽しい夜になりました。

そして翌日は、死ぬほど二日酔いになったのは言うまでもなく・・・💧

この日、1番嬉しかった誕生日プレゼントは、年の数だけの生牡蠣♡

サヌールにある、日本食レストラン 「大和」 のオーナーさんが届けてくれました!

私は生牡蠣が大好物なので、涙が出るほど嬉しかったです! (泣いてないけどw)

おすすめ記事 バリ島で日本食を食べるなら、大和が絶対オススメ!

嬉し過ぎて、満面すぎる笑顔です😂 (笑)

バリ島で、新鮮な生牡蠣が食べられる日本食レストランはどこ?

私の知る限りですが、バリ島内で生牡蠣を提供しているレストランはこちら。

  • 日本食レストラン 大和 (サヌール地区)
  • 焼肉天壇 (クタ&スミニャック地区)
  • ワルン沖縄 (クタ地区)
  • より道 (ジンバラン地区)

・・・辺りでしょうか? 高級ホテル内のレストランでも提供している所があると思います!

なお、食材の仕入れ状況によって、提供していない日もありますので、ご了承下さい。

ちなみに、今ご紹介した4つのレストランは、いづれも日本人オーナーが経営していて、私も普段からよく行くお店です。

もし見かけた際は、お気軽に声をかけてくれたら嬉しいです🍻

参考記事バリ島で、手軽に美味しく沖縄料理を食べよう!

バリ島ならでは?!嬉しいけど悲しい、誕生日の風習について

バリ島では、なるべく誕生日を人に知られたくないと思ってしまうのですが、それにはこんな理由があるのです・・・

バリ島での誕生日は、主役の人が、お世話になっている方々や友人達を招待するのが普通なのです。

つまり、パーティーは主役の奢り ってことです😨

日本では、誕生日の主役は奢ってもらえることが多いですが、バリ島では主役がパーティーを企画し、実費で準備をしなくてはいけません・・・💔

それは、送別会などでも同様で、簡単に言うと、主役がお金を払う 風習があるのです。

参考記事クタビーチで、ローカルの友達と過ごした誕生日の話

インドネシアだけの風習なのかと思ったら、海外では結構よくある事だそうで、日本が少し変わっているみたいです。

そんなバリ島での誕生日は、かなりの出費を覚悟しなくてはいけないので、あんまり人に知られたくないです・・・(苦笑💧)

更に・・・

バリ島を含むインドネシア国内での、ちょっと珍しいお祝い方法をご紹介。

用意する物は、卵と小麦粉 です。 そしてそれを、誕生日の主役にぶつけるのです💦

現地の友人の誕生日パーティーに行くと、必ず行う恒例行事となっています。

え?いじめ?と思ってしまいそうですが、これは愛が込められた立派なお祝い方法です💋

真実かは分かりませんが、昔、貧しくてケーキが買えなかったインドネシアの人々は、生卵と小麦粉をケーキの代わりとして? 誕生日をお祝いしたそうなのです。

この誕生日のスタイルは、バリ島だけでなく、インドネシア国内でずっと昔から受け継がれている風習の1つです。

ちなみに、主役が女の子の場合でも、容赦なく投げつけられます・・・

現地に友達が居て、誕生日を祝ってもらう場合には、着替えを用意した方が賢明です☝ (笑)

バリヒンドゥー教の誕生日やお祝いと言えば、豚の丸焼きが欠かせない

バリ島の家庭で誕生日をお祝いするときは、バリヒンドゥ―教の伝統的なお祝い料理である バビグリン (豚の丸焼き) が用意され、親戚や近所の方々を呼んでパーティーすることがあります。

この写真は、お呼ばれした友人宅の誕生日パーティーにて。 豚でか~~~!!!

セレモニーの後、皆で分け合って頂きました🐷

33歳の1年も、自分らしく前向きに、1回でも多く笑って過ごせますように☺

私に関わる全ての方に心から感謝し、これからも精進して参りたいと思います!

バリ島滞在中、飲みの誘いなどもお気軽に声を掛けて下さい! メッセージは、インスタのDMまでお願いします♪ ☞ mio__yamaha