バリ島の人気サーフポイント、スランガンビーチのワルンが撤退?!

バリ島の人気サーフィンポイント、スランガンビーチのワルンが撤退!

バリ島の人気サーフィンポイントであるスランガンから、悲しいニュース・・・

バリ島の季節は大きく2つに分かれ、5月~10月が乾季、11月~4月が雨季と言われています。

雨季の時期に波が良くなることでも有名な スランガンビーチ ですが、日本からのサーファーも大勢訪れる、人気のサーフポイントです。

そんなスランガンビーチから、悲しいニュースが入ってきました・・・

どうやら、あのビーチ沿いのワルンが、全て撤退 するそうなのです💔

ビーチを綺麗にすることが目的らしいですが、スランガンと言えば、あの素朴なワルンの田舎っぽさが最大の魅力だっただけに、これは悲しいニュースです。

最新情報
スランガンのビーチにあったワルンは、2018年4月末を目途に撤退 しました。
ただし、今後再開する可能性もあるので、また何か情報が入りましたら、お知らせします!

スランガンによく行かれる方々は、きっとお気に入りのワルンがありますよね? ワルンのおじさんやおばさんも親切で良い人達ばかりで・・・😢

しかも、ビーチクラブの建設を検討中?だそうで、何だかスランガンビーチの雰囲気がガラリと変わってしまう予感。

ワルンの撤退は3月末頃らしいですが、これからスランガンでサーフィンを楽しまれる方々は、荷物の置き場に困りますね・・・

貴重品などは持って行かない方が良いかもしれません。

バリ島のスランガンビーチの魅力は、サーフィンだけじゃない!

場所は、クタからサヌール方面にバイパス沿いを走ること約15分。

ゴミ処理場が近くにある為、スランガンの入り口周辺は、独特な嫌~な匂いがします。

その匂いと、左側に建つロッテマートを目印に、バイパスから右に入っていった場所が、スランガンです。

エントランスを入っていくと、両サイドに川が流れていて、現地の方々が釣りをしています。

そして、この真っすぐな道では、車の運転を練習をしてる姿もよく見かけます。

更に奥へ進むと料金所があり、スランガンの村や港に行きたい場合は左に、ビーチに行く場合は右に進みます。 (入場料金:バイク1台 5,000ルピア、車1台 10,000ルピア)

スランガンの村はのどかな雰囲気で、牛やヤギが放牧され、現地の方々が営むワルン (大衆食堂) が並び、美味しい魚のBBQや海藻の料理を味わうことが出来ます。

料金所からビーチに出るまでの道は、かなりデコボコです。 バイクの運転に慣れていない方、悪天候で道が悪い時など、充分にお気を付けください。

看板通りに進むとビーチに出れます。

ビーチに出ると、数軒のワルンが並んでいるんですが、ここのワルンが全て撤退するそうなので、ガランとした雰囲気になるでしょうね・・・😢

スランガンビーチのサーフィンポイントについて

スランガンでは、年中波乗りが楽しめますが、何といっても 雨季の11月~3月に良い波 が立つことで有名です。

そして、日本人が好むゆったりとした波質の為、観光シーズンでは大勢の日本人サーファーが集まります。 (ロシア人も多い)

ポイントの特徴としては、ブレイクポイントがビーチから遠いので、パドリングが少し大変です。 ジュクンと呼ばれる、バリ島伝統のアメンボ船を借りるのも良いと思います。

料金は交渉次第ですが、1人 100,000ルピア (約 900円) くらい?でしょうか。

干潮時は、リーフが剥き出しになりますので、注意が必要です。

波は、レギュラーとグーフィーが楽しめ、メローですがパワーのある波なので、テイクオフがしやすいんだそうですよ◎!

スランガンビーチでサーフィン中、ジュゴンや海亀に会えたら超ラッキー♡

スランガンビーチでは、たまに ジュゴン が現れるんだそうです!

背びれはないものの、巨大な生き物が海の中で見えたら、相当焦りそうですね・・・ 色は茶色で、人には慣れてるそうです。

また、スランガンビーチには海亀センターがあり、海亀の卵を保護し、大きくなるまで育ててから海に放流する活動なども行われています。

その為、運が良ければ、海亀にも遭遇するかもしれません♪

ワルン撤退のニュースについて、何か情報が入ったら、またお知らせしますね!