バリ島旅行者&在住者も注意【SIMカード購入と番号登録】最新情報

バリ島旅行者&在住者も注意【SIMカード購入と番号登録】最新情報

バリ島に旅行で来る人も、長期滞在者や在住者も、スマホのSIMカード について、是非最新情報を参考にして下さい!

新規での購入方法や番号登録の仕方について、2018年8月現在の最新情報をお知らせします!

正直言って、バリ島内でSIMカードを買ったり使うのは、超面倒臭いです💧 でも、やり方は意外と簡単で、面倒臭いのは最初の1回 (数時間だけ) です。

今や、スマホは手放せない物になっているし、日本から旅行でお越しの方も、SIMフリー対応している人は、購入方法や使い方をチェックしましょう!

バリ島のSIMカードは、2018年より「番号登録制度」になりました

2018年から新しい制度が導入され、インドネシアでSIMカードを使う全ての人 は、番号登録をしなくてはいけない義務があります。

義務というか、番号を登録しないと、携帯電話が使用出来ません。

これは、国内のテロや犯罪防止の為に、番号を管理することが目的ですが、インドネシア国籍の人 / 在住外国人 / 観光客 など、全ての人が対象となります。

バリ島内で、SIMカードが購入出来る店&購入方法

海外旅行の際、お持ちの携帯電話がSIMフリー対応している場合は、どこの国に居ても日本の携帯電話がそのまま使用出来ます。

ただし、その国で使用出来る、SIMカード を現地で購入しなくてはいけません。

バリ島内でSIMカードを購入するのは簡単で、あちこちにある携帯屋さんや商店で購入が可能です。

新規のSIMカードは、安いもので 15,000~30,000ルピア (約130~270円) 程度で、インターネットがそのまま使えるカードだと、2ギガで 50,000ルピア (約 450円) 程度です。

1ポイント アドバイス
➀ デンパサール空港内でも購入可能ですが、街中の方が安く買えます。
ただし、空港内には、番号登録をしなくても使えるSIMカードもあるらしいです。
➁ 番号登録制度が導入された当初、SIMカードを購入する際に、身分証明書を提示しなくてはいけませんでしたが、現在は提示の必要はありません。
ただし、キャリア (メーカー) や店舗によって変わることがあるので、ご注意下さい。

SIMカードの番号登録は、各キャリアの窓口 (ショップ) で

そしてここからが面倒なんですが、SIMカードを購入した後、各キャリアの窓口に行き、番号の登録を必ず行わなくてはいけません。

バリ島内で使用されている主なキャリア (メーカー) でオススメなのは・・・

  1. テルコムセル / Telkomsel
  2. エクセル / XL
  3. インドサット / Indosat

私は、テルコムセルを使っていますが、辺鄙な場所に行っても電波の入りが良好だし、インターネットもパケット料金が安いのでオススメです!

テルコムセルのショップは、クタ地区周辺には2店舗あり、DFSの隣りにあるショッピングモールの2階 か、サンセットロード (クンティ2の交差点付近) にあります。

各キャリアの店舗については、Google Mapでも簡単に探せますので、宿泊ホテルの近くの店舗に行きましょう。

1ポイント アドバイス
SIMカードを購入後、1~2日間はインターネットが使用出来る場合がありますが、番号を登録しないと、突然使用出来なくなることがあります。
SIMカードの不具合ではないので要注意!

SIMカードの番号登録に必要なものは、パスポートの原本のみ

番号登録をする場合、各キャリアのショップに行き、お店の人に「SIMカード」と言えば多分通じます。 「れじすたー しむかーど」と言ったら、完璧に通じます👌 (笑)

お店の人が案内番号をくれるので、呼ばれるまで待ちます。

どこの店舗でもフリーWiFiを完備しているので、退屈な人はパスワードを聞きましょう。

自分の番が来たら、SIMカードパスポートの原本 を提示しましょう。  パスポートコピーでは受理されません。

その後は番号登録が完了するのを待って、無事に使用可能となります!

1ポイント アドバイス
インドネシア国籍で、KTP (身分証明書) と住民票の登録がある人 は、窓口に行かなくても、インターネットを通じて番号登録が可能らしいです。
番号登録をしていない人は、突然インターネットが使えなくなりますが、既にお持ちのSIMカードとパスポートの原本を持って番号登録をすれば、すぐに復活します。

【長期滞在者向けの情報】バリ島内での電話料金のシステムと支払い方法

バリ島内での携帯電話の料金システムですが、日本のように月々のパケット制ではなく、プリペイド式に料金を加算 していく方法です。

バリ島内ではその料金のことを、プルサ (Pulsa) と言います。

新規のSIMカード (新規の電話番号) には、インターネット用のプルサが既に含まれていることが多いですが、プルサが無い状態で3ヶ月を過ぎると、購入した番号は消滅します。

プルサが切れても、その都度追加購入し続けると、ずっと同じ番号が使えます。

私の場合は、1ヶ月に25ギガ程度のインターネットを使用しますが、安いパッケージがあるので 大体 150,000ルピア (約 1,300円) くらい が毎月のプルサ代金です。

ちなみに、家の電気代などもプリペイド式が多く、日本のように自宅に請求書が届くようなことは一切ありません。

これは、一般的な家の電気代用の機械です。 プルサが無くなったら料金を加算して、ここに入力する仕組みです。

SIMカード購入や番号登録が面倒な人は、WiFiを使いましょう!

携帯がSIMフリー対応していない人や、番号登録などが面倒な人は、WiFiを使用すれば、バリ島内でもインターネットを使うことが出来ます。

バリ島内のほとんどのホテルでフリーWiFiを提供していますが、外出中でもインターネットを使いたい人は、ポケットWiFiをレンタルしてくるのがオススメです!

私がオススメするポケットWiFiはコレ! 日本の空港で受け取り・返却が可能なので便利です!

オススメ!イモトのWiFi

イモトさんのCMでお馴染みの200ヶ国以上で使える4G/LTE対応のWIFIレンタルサービスです!もちろん、バリ島でも使えますよ!バリ島の料金プランは、メニューから「料金プラン > 東南アジア > インドネシア」の順に進むと確認できます。

イモトのWIFIでは、早めに予約することで料金が割引される「早割サービス」があります。

  • 30日前予約→10%割引
  • 45日前予約→15%割引
  • 60日前予約→20%割引

20%割引は結構大きいですよね!旅行日が決まっている方は、できるだけ早めに予約することをオススメします!

WIFIレンタルといえば、グローバルWiFiも有名ですね。4G/LTEの大容量プランの場合、時期やキャンペーンが適応され、こちらの方が安い場合があるので、両方チェックして料金を比較した上でレンタルすると良いと思いますよ!

1ポイント アドバイス
長期滞在者やリピーターなら、バリ島内で使用出来るポケットWiFiを購入してしまうのもオススメです。
バリ島内で販売しているポケットWiFiの本体は、大体 400,000~600,000ルピア (約 3,500~5,000円) で購入出来ます。 メーカーによって料金は様々。
WiFi本体を持っていれば、プルサ料金を加算するだけでいつでも利用が可能となります。

バリ島滞在中、日本への通話やメールの送受信は高額になります。

SIMフリー対応していない携帯電話の場合、バリ島滞在中は 機内モード にして、WiFiを使ってインターネットを利用されることをオススメします!

何か分からないことがあれば、お気軽にコメントやメッセージ下さいね☺

ダイレクトメッセージはインスタグラムまで ☞ mio__yamaha