バリ島の暮らし・生活・滞在者向け

バリ島【年末年始や年越しの過ごし方】ビーチで花火や友達とBBQ♪

世界各国によって、年末年始や年越しの過ごし方は様々ですよね?

日本の大晦日と言えば、紅白歌合戦を見て、年越しそばを食べて、除夜の鐘を聞きながら年越しをするのが定番だと思います。

私の場合は、12月31日は深夜~朝方の特別な時間帯も電車が走っているので、浅草のホッピー通りで朝まで飲んで、早朝に浅草寺へお参りに行くのが定番でした🍻 (笑)

バリ島で年越しをするようになってから、次で7回目になります・・・

1年が過ぎるのはあっと言う間ですが、7年が過ぎるのも本当に早かったなぁ~ と、しみじみ。

さて、バリ島の年末年始や年越しは、どのように過ごすと思いますか?

気になる人の為に、年末年始の恒例行事などをご紹介したいと思います!

こちらも必読 バリ島の旧正月【ニュピ】の過ごし方が、世界中から注目されています!

バリ島の年末年始や年越しを過ごすには、花火やラッパが必需品?!

バリ島の年末年始の風物詩と言えば、花火 でしょう🎆

日本人が想像する、空高くに舞い上がる大きな花火ではなく、バリ島の花火は 手持ちの打ち上げ花火 が主流です。

クリスマスや年末が近づくにつれて、街のあちこちで花火が売られるようになります。

そして、大晦日の数日前から、ビーチで花火を上げる人が増えてきます。

花火の音を聞くと「あ~、いよいよ大晦日が近付いてきたなぁ・・・」と感じます🎍

それから、大きな音が出るおもちゃのラッパも人気です。

バリ島での年越しは、花火やラッパを使って、とても賑やかに新年のお祝いをするのが定番です✨

バリ島の年末年始や年越しは大賑わい!ビーチで数千発の打ち上げ花火

私が毎年のように訪れるのは、やはり第2の地元である クタビーチ が多いですが、12月31日のクタビーチは、本当に沢山の人々で溢れ返ります。

ビーチ沿いの通りは歩行者天国となり、車もバイクも進入禁止になります。

そして、友達とビーチに集まり乾杯をして、手持ちの打ち上げ花火を上げます🎆

クタビーチは特に花火の量が多いので賑やかになりますが、花火はバリ島内のどこのビーチでも上がります。

写真では上手く伝えられませんが、クタビーチの花火の数は、毎年本当に凄いです!

手持ちの打ち上げ花火でも、数千発の本数となれば超豪華で、そこにラッパも加わり、めっちゃくちゃウルサイです😂 (笑)

一般人だけでなく、クタビーチ周辺のホテルなどからも花火の提供があるそうですよ!

人混みが苦手な人は、ビーチが見えるホテル (出来れば高層階) に宿泊するのがオススメだと思います👍

参考記事 ☞ クタビーチ周辺の安宿情報

バリ島の年末年始や年越しは、誰とどんな風に過ごす?

私の場合は、毎年近所の友人達と集まってBBQをします。

いつもは魚や鶏肉のBBQですが、大晦日は超豪華バージョンで、毎年 ヤギ1頭 を皆で買って、捌いてもらった肉を串に刺して、BBQにして頂きます🙌

ヤギ肉の串焼き
せっせと焼いてくれる友達

更に、毎年欠かさずチームTシャツを作り、皆でお揃いの恰好をして集まります!

毎年、30人近くが集まり、どんちゃん騒ぎです🍻

雨除けの屋根で準備万端!
ビールは10ケース

そして、年越しのカウントダウンの為にクタビーチまで歩いて移動し、新年はクタビーチでベロンベロンになって迎えるのが、私のバリ島での年越しの過ごし方です🍻

もちろん、家族で静かに過ごす人や、恋人と旅行に行く人も居たり、過ごし方は人それぞれ。

でもバリ島に居る若者の場合は・・・

友達と集まってBBQ ⇒ ひたすら乾杯して飲む ⇒ ビーチで年越し

これが定番の過ごし方だと思います。

バリ島の大晦日は、雨が降る確率90%!新年は静かに過ごす

12月31日の大晦日は、シーズン的にも雨季なんですが、90%の確率で雨 が降ります☂

参考記事 バリ島旅行の前に天気をチェック!おすすめの服装や持ち物など

しかも、神様がちゃんと見ているかのように、花火をして年越しを盛大に過ごし、少しひと段落する2時頃に降ることが多いのです!

バリ島に移住した当初、毎年この現象が続いたので、神様が「いい加減にしろ~~~😡✊」と怒って雨を降らせていると、本気で感じていました。(笑)

雨と言ってもスコールのような感じで、すぐに止むことが多いですが、バリ島の年明けは大体雨が降っているような気がします。

1月1日はインドネシアも祝日となり仕事はお休みですが、大体雨が降るので、家でゆっくりお正月を過ごす人が多いです。

 

私はこれまでに6回の年越しを経験しましたが、雨が降らなかったのは、2018年の年越しだけでした!

2019年の年明けは、雨が降るのでしょうか・・・? 楽しみです♪

※ 大晦日に気を付けること

大晦日のクタビーチや、クタ地区周辺のナイトクラブは、もの凄く混雑します。
お出かけになる場合は、スリやトラブルなどに充分お気をつけ下さい!

また、12月31日はあちこちで交通規制をしているので、昼間に観光などお出かけになる場合は、夕方までにはホテルに戻っておいた方が安心です🚙