【バリ島の治安】観光や夜遊び前に必読!盗難に注意 (最新版)

【バリ島の治安】観光や夜遊び前に必読!盗難に注意 (最新版)

海外旅行へ出かける前に、お金や両替 / 言葉 / 交通事情 / 現地のマナー など、心配事は色々あると思いますが、やっぱり1番気になるのって、治安 についてではありませんか?

私が海外旅行に行く際も、やはりその国の治安については、一番気になり心配な点です。

とは言え、世界中でどこを探しても、100%安全な国なんてありません。

自分の身は自分で守る という事を忘れずに、バリ島旅行を思う存分楽しみましょう!

ここ最近の バリ島の治安 について、多発しているニュースなどをご紹介しながら、万が一自分の身に起こった際の対処法なども、是非ご参照下さい。

バリ島の治安について:私がバリ島で体験した、ちょっと怖かった事件

私は、バリ島に移住して6年が経ちますが、バリ島全体の治安は「悪くはない」 と思います。

どこの国でも犯罪や事件は起きるので、「安全です」とは言い切れませんが、バリ島に移住してからの6年間で、私は盗難被害や事件に巻き込まれた経験はありません。

それでも何度かは、ちょっと怖い体験もしました・・・

その1.痴漢?

夜中にバイクを運転中に、追い抜き際に知らないおじさんに太ももを撫でられ、追いかけられたこと。 でもこれは、夜中に短パンで足を露出していた自分が悪いと反省しました。

その2.嫌がらせ?

私の横をトラックが追い抜く際、運転手に火の点いたタバコを投げられ (わざと)、太ももを火傷したこと。 この時は昼間でしたが、やはり短パンで足を露出してました。
・・・太い足を出すなってゆう警告か?!😨

その3.盗難寸前!

夜レギャン通りを歩いている時、突然後ろからぶつかってきた男の人が居て、振り向くともう1人の男が私のスマホを持ってたこと。
2人組の男がグルになり、斜め掛けのバッグのチャックを開けられて、スマホが盗まれる寸前でした。 私はすぐに気付いたので、その場で取り返すことが出来ましたが、完全にプロの手口でした。

どちらも実際に体験したことですが、痴漢については自分が悪いし、トラックについては完全に今でも恐怖症。 そして盗難寸前の出来事は、斜め掛けバッグも気を付けないと危ない ってことを知りました!

・・・と言っても、この程度です。 実際にスマホや財布を盗まれたことがある友達も居るので、それに比べたら私はラッキーな方かもしれません。

バリ島の治安について:多発しているスマホの盗難にご注意!(特に夜遊び中)

特に頻発している場所は、クタ地区のレギャン通り。 別名クラブ通りとも言いますが、バリ島で1番大きな スカイガーデン や、老舗のレゲエバー アパッチ を始め、ナイトクラブやライブハウスが建ち並んでいます。

この周辺には毎晩沢山の人が集まり、音楽が流れ、お酒を飲んで酔っ払って、ワイワイ楽しむ夜遊びの定番スポットです🍻 私もたま~に出没します。

(写真:夜のレギャン通り、スカイガーデン周辺)

スカイガーデンの周辺では、毎日と言っても過言じゃない程、スマホの盗難が多発しています。

相手はプロです! お酒を飲んでいる人のちょっとした油断の隙に、ポケットやカバンの中から、本当に気付かぬうちに盗んでいきます。

日本から旅行で遊びに来た友達にも、しつこく気を付けるように注意していますが、実際3人がここで盗難被害に遭っているし、在住者でも被害に遭った人が居ます。

手口は、スカイガーデン周辺で声をかけてくる人 (主に男性数人) に気を取られている間に、気付いた時にはポケットやカバンからスマホが無くなっているんだそうです。

ここ数年、スカイガーデン周辺 (特に夜間) は、バリ島の中で1番治安の悪いエリア だと感じます。

甘い誘惑や飲み過ぎには、本当に注意して下さい!

(写真:毎晩大賑わいのスカイガーデン)

盗難被害は夜だけじゃないです!
スマホの盗難に関しては、ホテル内 (特に安宿) / バイクのシートの中 (サーフィン中の盗難) / レストラン (いつもの癖で机の上に出しっぱなしにしてない?) 等、時間や場所に関係なく、とにかく注意して下さい。

バリ島の治安について:最近の盗難被害で多い、「日本円見せて」の手口

これも完全にプロによる犯罪ですが、男女カップルや単独で、外国人が声をかけてきます。(バリ人ではなく、アラブ系や白人など人種は色々)

声をかけてくる場所は、空港だったり街中のスーパーだったりと様々なようですが、標的は日本人 (特に日本から来たばかりの観光客) です。

そしてその外国人は、「今度日本に行くから日本円を見せて」とか「日本円とルピアを交換して」とか、巧な話術を使って日本円を財布から出すように誘導します。

日本人観光客は親切なので、日本円を見せてあげるんだそうです。 そして、記念写真やら握手やら連絡先交換などをして、少しひと段落すると、財布に入っていたお金が全部盗まれているんだそうです。

嘘みたいな馬鹿みたいな話ですが、最近はこの手口で被害に遭う人が多いそうです。

こんな手口に私は引っかからないよ~ ・・・と思っているそこのあなた! 油断は大敵ですから、本当に気を付けて下さいね!!!

バリ島で、万が一盗難被害に遭ってしまった場合の対処法

バリ島で起きる事件は、主に盗難 (スリや引ったくり) や、勧誘などの詐欺が多いように感じます。 大した金額ではないけれど、自分の大事な物が盗まれたらショックですよね😨

万が一盗難被害に遭ってしまった場合は、地元の警察署に行き、盗難届を書いてもらいましょう。

盗難届の書類作成には、100,000ルピア (約 850円) がかかりますが、その書類を持っている場合は、日本に帰って保険が適用される場合があります。

加入している海外旅行保険や、クレジットカードにも付いていますので、保険が適用されれば、日本に帰ってから新しいスマホに交換できる場合があります。

また、パスポートが盗難被害に遭った場合は、バリ島内にある 日本総領事館 に行くと、一時的にパスポートの代わりとなる書類を作ってもらうことが出来ます。

最後に・・・

バリ島の人々は、陽気で親切な人が多く、皆ニコニコしています。 街を歩くと、知らない人から気軽に挨拶されたり声をかけられます。

そのフレンドリーな性格に悪意はありませんので、怖がる必要はないです。

ただし、中にはやはり変な人や悪い事を企んでいる人も居ますので、ちょっとでも怪しいと感じた場合は、近付かないようにしましょう。

また、バリ島内で悪さをするのは、現地の人だけではありません。 外国人にも十分注意しましょう!

自分の身や物は、自分で守る! これは世界共通です!