バリ島フルーツで1番好き!果物の女王様「マンゴスチン」の食べ方

バリ島フルーツで1番好き!果物の女王様「マンゴスチン」の食べ方

バリ島には、日本ではあまり見かけない南国特有の果物が沢山ありますが、今回ご紹介する マンゴスチン は、個人的に1番好きなバリ島フルーツです!

マンゴスチンって、名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、日本にはあまり出回っていないので、実物を見たことのある人は少ないはず・・・

マンゴスチン=ライチ と勘違いしている人も居ますが、別物です。(笑)

都内のデパートなどで、冷凍のマンゴスチンが3個で1,000円とかで売られていると聞いたこともある程、日本では馴染みのない外国のフルーツだと思います。

バリ島では、安く簡単にスーパーなどでも買えるので、見かけた方は是非試してみて欲しいと思います!

食べ方や食べる際の注意点、また美容のプロダクトとしても優秀なマンゴスチンについて、ご紹介致します!

バリ島フルーツのマンゴスチンは、果物の女王様と言われています!

今回ご紹介するマンゴスチンは、バリ島では「マンギス」と呼ばれています。

ご存知の方も多いと思いますが、果物の ”王様” と言われているのは ドリアン ですが、このマンゴスチンは、果物の ”女王様” と言われているのです👑

主に熱帯地域で育つ為、インドネシアの他にタイなどでもよく見かける果物です。

見た目は、真ん丸の紫色っぽい皮に覆われていて、ヘタの形も含めて凄く可愛らしいです♡

バリ島旅行に来たら、果物の女王様「マンゴスチン」を食べてみよう!

マンゴスチンの真ん丸の皮は少し硬いですが、両手で挟んで強めにプレスすると簡単に割れ目が出来ます。

その割れ目から皮を半分にすると、中からは真っ白の実が出てきます。

実は大体6~8粒くらい入っていて、もの凄くジューシーでさっぱりと甘く、とにかく美味しいです💋 冷やして食べると、より美味しい!

ホテルのウェルカムフルーツや、朝食コーナーでもたまに用意されているので、見つけたらラッキーと思って食べてみましょう!

日本で冷凍のマンゴスチンを食べたことがある人は、採れたて新鮮な味との違いに驚くと思います!

※ ご注意
皮の内側の紫色の部分は、洋服などに付くと取れないのでお気を付けください。
また、大きな粒には種が入っているのでご注意!

マンゴスチンの値段は季節によって変動しますが、スーパーや市場で、大体 1kg 30,000~50,000ルピア (約 260~450円) くらいです。

1kgだと、7~8個くらいの重さになります。

選ぶ時のポイントは、皮があまりカラカラに乾燥していない物が良いです。

また、マンゴスチンの美味しい季節は、11月~3月の雨季のシーズン となります。

果物のマンゴスチンは、優秀な美容のプロダクトとしても有名!バリ島スパ情報も!

マンゴスチンの皮部分には、美肌や美白、抗酸化作用(アンチエイジング)の効果があるそうで、世界的にも注目されています。

バリ島のクタ地区にある スマ スパ / SUMA SPA では、マンゴスチンのプロダクトをふんだんに使ったトリートメントを提供しています。

ボディスクラブやフェイシャルなど、興味のある方は是非トリートメントを受けてみてはいかがでしょうか?

しかも、ホテルに併設している綺麗なスパなのに、お手頃料金なのもオススメな点です。

マンゴスチンのボディスクラブ
綺麗なトリートメントルーム

食べて美味しい&お肌にも良いなんて、さすが果物の女王様です✨

バリ島旅行に来た際は、是非お試しくださいませ!